Instagramでも転職にまつわる有益情報を公開中

夜勤が辛いからクリニック!?転職を考えている看護師さんはそれが正しい選択か見極めましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。元看護師転職サポートキャリアパートナーの黛聡志(まゆずみ さとし)です。
私が看護師さん向けの人材紹介会社で働いている時に看護師さんとお話させていただく中で転職理由で最も多かったのが、「病棟で夜勤が辛い。だから日勤のみのクリニックで働きたい。」です。「現状の急性期の忙しい環境から何とか抜け出したい!」という思い。凄くよくわかります。ただ1点ご理解頂きたいのは、クリニックは決して楽ではない環境です。他の担当が対応していた看護師さんで正しい認識なく入職し、早期退職に至ってしまっていたケースを何件も見てきました。

クリニックの特徴や働く上でのポイント、求人で見るべきポイント、求人の探し方などご説明致しますので、少しでも知識を増やし、失敗のない転職活動を行っていただけたらと思います。

目次

■クリニックの業務内容(1日のスケジュール)

フリーイラスト, CC0 イラスト, ベクター, EPS, 人物(イラスト), 女性(イラスト), 若い女性, 仕事, 職業, 医療, 看護師(ナース), 看護婦, 全身(イラスト)

まずクリニックの業務内容は皆さんご存知でしょうか?診療科目ごとに若干異なりますが、大筋の業務内容は一緒です。具体的には、

・問診
・バイタル測定
・採血、点滴処置
・検査説明
・その他診療介助
・清掃業務
・各種検査介助 ※内視鏡検査など
・心電図測定
・レントゲン画像の現像
・診療器具の洗浄

があげられるでしょう。
清掃業務のように、「こんな事も看護師がやるの!?」と思う事が多々あるのが、クリニックのお仕事です。病院等多くの職員がおり業務分担が行われている環境から来られた方はギャップに感じられるかもしれませんので、しっかりとその部分は認識しておきましょう!

《クリニック看護師さんの1日のスケジュール例》

■8:30 出勤
着替えを済まし、クリニックの清掃業務や備品の補充などを行います。

■9:00 午前診療開始
患者様に問診、採血や点滴の手技的な業務、医師の診察補助などを行います。

■10:00 問い合わせ
急な電話の問い合わせに対応することもあります。

■12:00 休憩
午前診療が終わり、休憩に入ります。クリニックは間の休憩時間が長い為、家が近い方は一旦帰宅し、遠い方は休憩スペース、近隣の飲食店などで時間を潰します。

■15:00 午後診療開始
患者様の処置、医療器具などの片づけを行います。

■16:30 患者様のケア
点滴など長時間にわたる治療を行うケースでは、患者様とコミュニケーションを重ね、ご不安を取り除きます。

■18:30 診療時間終了
診療後の後片付けを行い、業務終了です。クリニックは秋口以降患者数が増加する為、春~夏は残業少な目、秋~冬は残業が多くなります。

■クリニックで働くメリット・デメリット

著作権フリーイラスト, ベクター, EPS, 人物(イラスト), 男性(イラスト), 献血, 医療, 血液, ボランティア, 看護師(ナース), 看護婦, 女性(イラスト)

クリニックで働く上でのメリット・デメリットはしっかりと把握した上でクリニックという選択肢が合うかどうか確認していただきたいです。

〇メリット

▼日勤のみで勤務できる
日勤のみの為、夜勤がそもそも身体に合わないという方は体調とのバランスが付けやすいです。

▼年間休日が多い、日祝が休める
クリニックで休みの構成として多いのは、日祝休み+他の曜日1日休みの年間休日120日以上というパターンです。休みも固定的になる為、1週間のリズムは立てやすいかと思います。

▼手技に関してスペシャリストになれる
傾向的に採血や点滴などの手技を対応する件数が多く、針刺し系の業務は得意分野になるでしょう。

〇デメリット

▼教育体制がなく即戦力が求められる
人数体勢が少ない為、教育体制は基本的に期待できません。最低限採血・点滴・注射などの手技は教えなくてもできるレベルが求められます。新卒時のような手厚い教育は受けられませんので、注意しましょう。

▼福利厚生に乏しい
社会保険・退職金が整っていなかったり、人数体勢が少ない為、産休育休は現実的な所まず取れないと考えた方が良いでしょう。

▼急な休みは取りづらい
クリニックでママさんナースが敬遠される傾向があるのですが、その理由が、お子さんの熱発などでの急な休みは非常にとりづらい為です。またそれ以外にも公休以外の休み、有給休暇は取りづらい傾向があります。

▼人間関係に悩む方も・・
クリニックは少数精鋭なので、院長先生のお人柄がそのクリニックの人間関係を左右します。面接時に院長先生が合うか合わないかはしっかりと確認しましょう。また紹介会社に院長先生のお人柄などを訪ねるのも一つの手段です。

■クリニックが向いている人

著作権フリーイラスト, ベクター, EPS, 人物(イラスト), 女性(イラスト), 医療, 仕事, 職業, 看護師(ナース), 看護婦, 案内する

▼手技に得意意識がある方
採血・点滴・注射は病棟以上の件数をこなすことでしょう。手技にある程度自身がある方は、馴染めるのではないでしょうか?

▼日祝・お盆・年末年始にお休みを取りたい方
「実家が遠方でお盆や年末年始は帰郷するため休みを取りたい」というニーズの方は他の分野ではなかなか休みがとりづらい為、クリニックはおススメの選択肢と言えるでしょう。また「彼氏がサラリーマンで日祝休みたい」という方も都合は付けやすいと思います。

▼人当たりが良い方
極端に接遇がしっかりしている必要はないですが、ある程度人当たりの良い方が好まれるでしょう。クリニックは接客業の要素もある為、「あの看護師さん感じ悪いなぁ」と思われてしまうと患者様も他のクリニックに流れてしまう為、面接の際も人当たりの良さは求められるポイントです。

▼看護師業務以外も手伝える方
クリニックは少人数で運営している為、看護師さんが清掃や電話対応をしなければいけない場面も多々出てきます。「こんなの看護師の仕事じゃない」と思わずに、手伝う精神が大事です。

▼給料より雇用形態優先の方
クリニックは病院で勤務していた時代と比較すると恐らく年収にして50~80万円ほど減る事になるでしょう。その為「給料よりも日勤常勤で働く事が大事!」という方が向いています。

※日勤のみで高給与を求めたい方にお勧めの記事※

あわせて読みたい
【美容クリニック】転職を考えている看護師さん!日勤のみで一流サラリーマン以上の収入稼ぎませんか? こんにちは。元看護師転職サポートキャリアパートナーの黛聡志(まゆずみ さとし)です。私が看護師さんの人材紹介会社で働いていた時、よく悩みで「夜勤が辛い・・日勤...

■クリニック求人の見極めポイント

著作権フリーイラスト, ベクター, AI, 人物(イラスト), 男性(イラスト), 仕事, 職業, 探偵, 調査(調べる), 虫眼鏡(ルーペ), 全身(イラスト)

クリニック求人を見る際にいくつか注意点があります。求人を見る際は下記ポイントを押さえ確認していただけたら幸いです。

①社会保険について
クリニックは社会保険制度が整っていないケースも多々あります。
一般的に「社会保険完備」というのは、【健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険】の4つがある事を指し、この4つが揃っていれば完璧です。
個人で運営しているクリニックですと、健康保険ではなく国民保険、厚生年金ではなく国民年金の事があります。国民保険や国民年金になると毎月自身で支払いをしなければいけない手間が生まれ、なおかつ将来貰える年金額も減ります。
また健康保険の部分が「医師国保」になっているケースがあり、それも注意が必要です。

※医師国保について
保険料は収入が上がろうとも一律の為、安上がりで済むというメリットがありますが、傷病手当金や出産手当金がないなど健康保険に比べるとデメリットがあります。

②退職金について
気にしない方は良いのですが、退職金制度があるクリニックは全体の2割程度です。その為退職金を気にする方はしっかりと求人内容を確認しましょう。

③求人の出る頻度の確認
これに関しては、人材紹介会社に聞くのが一番わかりやすいかと思いますが、求人が出る頻度≒離職率と言えます。人材紹介会社は求人を貰う頻度でこの部分が把握できる為、問い合わせる事をおススメします。

④看護師さんの人数体勢、年齢層
「クリニック受かって入職したら、常勤自分しかいない!」なんて事もあるほど、少数精鋭で行っているのがクリニックです。事前にしっかりと人数体勢やその看護師さん達が何歳くらいなのかなども確認できるとご自身の働く際のイメージもしやすいでしょう。

⑤院長先生のお人柄
正直な所、クリニックに入り早期退職に至ってしまう理由の大半がこの部分です。院長先生のお人柄次第で働きやすさに大きな差が出ます。面接で確認するのももちろんですが、面接ではわからない部分もあるかと思いますので、③と同時に紹介会社に尋ねるのも一つです。

■クリニック求人を探すおススメの方法

私がおススメするクリニックの求人を探索する手段は、「あらゆる手段で探す」です。
どういうことかと言うとクリニックは院長先生の個人の主観でどの媒体経由で応募者を募るかが決まる為、「こっちのサイトには求人出してるけど、こっちのサイトは求人出してない!」なんて事がよくあります。クリニックが募集を出す際に使う媒体としては、
・ホームページ
・ハローワーク
・求人広告媒体(タウンページやとらばーゆなど)
・人材紹介会社

等になります。

全ての選択肢で求人を探索する事でご自身に合うクリニックを見つけられる可能性は上がります。取り急ぎ下記、おススメの人材紹介会社の登録ページを記載しますので、参考になれば幸いです。

①業界大手顧客満足度96.2%【看護roo!】

\【求人情報をお求めであれば】/
看護師の求人サイト 看護roo!
登録・サービス利用全て完全無料です!

《看護roo!について》
私が求人サイトの社員だった時代、一番手強いライバル会社でした。
・情報量 ・求人の質 ・対応の丁寧さ
どれをとっても業界トップクラスです。まず最初にマストで登録すべき求人サイトです。

②知名度NO.1【マイナビ看護師】

\【転職サポートをお求めであれば】/
看護師の転職サポート マイナビ看護師
登録・サービス利用全て完全無料です!

《マイナビ看護師について》
マイナビと聞けば誰もが知っている企業だと思います。マイナビ看護師の一番の特徴は、看護師さんを対応する担当とは別に、病院専門の担当がおり、各病院と根強いパイプを持っております。
その為、少し難しい病院側への相談なども通りやすい傾向があります。情報量も充実しており、マストで登録すべき求人サイトの一つと言えるでしょう。

 

③求人数業界トップクラス【看護のお仕事】

\【求人情報をお求めであれば】/
看護師の求人、募集は【看護のお仕事】
登録・サービス利用全て完全無料です!

《看護のお仕事について》
優良なベンチャー企業100選などにも選ばれたレバレジーズの運営する求人サイト。
ITに強いこともあり、ネット上に載っている求人数は業界トップです。
他社と比較検討するなら最適の求人サイトです。

■最後に・・・

クリニックについての理解は深められたでしょうか?

上記の通り、ご自身の生活状況や性格、スキルによってクリニックは合う、合わないが非常にはっきりしている環境下です。また求人を探す際も院長次第でどの求人媒体を使うかが全く異なる為、病院などと比較した際に媒体によって持ってる求人が大きく異なるのも特徴の一つです。

その為、複数の人材紹介会社への登録やハローワークでの探索、とらばーゆなど求人広告媒体のチェックを怠らず、自身にあった求人を探索していくように心がけましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

【看護師転職サイト元社員】
看護師転職サイトにて計6年の経験 | 東京都&神奈川エリアにて管理職も経験 | 職業紹介責任者講習受講済み | 看護師紹介実績は累計400人以上 | 転職相談対応件数は3,000人以上 | 現在は当サイト・instagram(フォロワー1,300人以上)を通し看護師の有益情報を公開しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる